九州の方はこちらへ TEL :097-579-6225   

3SBatteryのサイトはこちら   

フォークリフトのバッテリーは平均8年程度で新品の半分程度の稼働時間となり、使用不可と判断されて廃棄されているケースが多いです。ただし、この段階でのバッテリーの殆どは80%以上に復元できます。
現に復元して、「コスト削減=40%」、「省エネCO2削減=98%」に成功している会社が多数あります。
弊社の鉛蓄電池再生技術を活用して、世の中のフォークリフトバッテリーを復元し、環境とコスト削減に貢献することが弊社の使命です。

弊社のサービスは以下の安心実現のため、地域限定です。【関東】と【九州】に限定して展開しています。

【安心1】  バッテリーを診断してどこまで復元できるかを判定して見積りします。
          事前に診断をして、新品の何%まで復元できるかを予測して見積をさせていただきます。この技術は弊社だけのノウハウです。

【安心2】  大手のお客様に選ばれています。
          センコー様、日本梱包運輸倉庫様、近物レックス様など大手物流会社、フォークディーラー、フォークレンタル会社など実績豊富。

【安心3】  納入後も2年間保証で定期点検サポート
          2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月点検を実施しており、お客様より先に劣化の兆候を発見し未然に対処しております。

  ・コストメリットはどのこくらいでしょうか? ・・・・ 対新品バッテリー37%削減事例紹介
 

大手倉庫会社の事例紹介です。1.5トンカウンターリフトの標準バッテリー仕様車での試算です。
新車購入で7年稼動、その後
  →新品バッテリーへ交換  90万円  7年間稼動  1年当り = 12.8万円
  →バッテリー復元(80%)    40万円  5年間稼動  1年当り =  8.0万円   対新品削減率 = 37%
  →中国製バッテリー交換  50万円  3年間稼動  1年当り = 16.6万円

  ・新品のフォークリフトに交換する場合とバッテリーを再生した場合のCO2排出量はどれだけ違うのか?
 

日本は二酸化炭素排出量が世界で5番目に多い国です。フォークリフトは1台制作するのに多量の二酸化炭素を発生します。再生バッテリーを利用することによりその二酸化炭素排出量を大幅に削減することができます。
早期のバッテリー再生で40%程度の能力を90%程度に戻せます。それにより、5年使用したバッテリーを再生品1回目で3.5年、2回目で1.5年合計5年間もたせた場合のCO2排出量を弊社使用の1.5トンカウンターフォークでライフサイクルアセスメント(LCA)の手法を用いて計算してみました。

①新車のフォークリフトを導入した場合のCO2排出量・・・・・5814kgCO2e
②新品のバッテリーに交換した場倍のCO2排出量・・・・・・・・ 410kgCO2e
③バッテリーを再生した場合のCO2排出量・・・・・・・・・・・・・   85kgCO2e 
            【98%削減-対新車/79%削減-対新バッテリー】

*インベントリーデータの出所:産業技術総合研究所 産業環境管理協会開発"LCIデータベースIDEA Ver1.1
*システム境界は「素材」+「製造」
*対象はニチユFB15P(3035kg)、バッテリーはGSYUASA VCD8AC(400Ah48V 640kg)

  ・驚異のバッテリー再生力
  40%台の放電率で入庫したものは、ほぼ90%まで戻せており、新品と変わらないという評価をいただいております。
  ・24回分割払いで安心保証
  70%以上の再生率(新品に対する能力)のバッテリーは24回分割払いにて対応しております。
2年以内に使用できなくなれば、そこで契約終了となりますので、「いつまで使えるか分からない再生バッテリーに安くないお金を使うリスクを軽減できる。」と好評をいただいております。
  ・JIS規格に基づく性能評価の提示
  出荷時には必ず放電試験をJIS規格に基づいて実施しております。
  ・P/L保険でさらなる安心
  製造者責任賠償保険(PL保険)に加入しておりますので、万一バッテリーに基因する損害が発生した場合でも保険会社が保証しますので安心です。
  ・信頼の実績
  フォークリフトのレンタルや販売をしている会社様からバッテリーの再生を請け負っています。プロからの評価を得ておりますのでご安心ください。
  ・メンテナンス保証
  メンテナンスを受けている会社から、「再生バッテリーを使ったら保証しません」と言われたら、弊社協力メンテナンス会社で以降の月次・年次点検、修理メンテナンスは引き受けさせていただきます。料金が高くなることはありません。
  ・物流コスト削減
  フォークリフトの価格の約1/2~1/3をバッテリーの価格が占めます。
そのバッテリーは、上記ミッションを行うことでコストを大幅に削減することが可能になります。
  TOP 再生実績 在庫一覧 申し込みの流れ 無料診断・問い合せ 会社概要